Warning: The magic method BA_Edit_Author_Slug::__wakeup() must have public visibility in /home/byebyediet/sucrose.work/public_html/wp/wp-content/plugins/edit-author-slug/edit-author-slug.php on line 293
次女のパジャマも新調|ハンドメイドこどもふく SUCROSE
ハンドメイド子供服 PR

次女のパジャマも新調

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

次女のパジャマが汚い。

次女は今サンタさんにもらったプリキュアの絵が変わるパジャマがお気に入り。

これ。

これの色の濃いほうのパジャマ。
絵もごちゃっとしてるし、色も濃いからあんまり汚れが目立たないのはいいことなんだけど、中々洗わせてもらえなくて、裏をひっくり返したらめっちゃ汚れてた(´;ω;`)ウッ…

さすがに洗ったりしたいけど、今まで着てた100サイズのパジャマはもう嫌なんだそう。

まぁ、丈も短くなって、お腹も出たりしてたからな……

ということで次女もパジャマを作りました。

 

ハンドメイドのパジャマ
型紙:肩落ちラウンドプルオーバー (snuggle)、パジャマズボン (mahoe anela)
生地:大場さんイベント(身頃)、slowboat(リブ)
副資材:seria ゴムベルト2.0㎝
サイズ:110

 

まず生地ははるか昔にソーイングハウス大場さんのイベントで買ってきたピンクの裏毛。

ラメ入りの裏毛

画像じゃめっちゃ見にくいんだけども、かすかにラメ入りの生地。

子供服にいいと思って買ったんだけど、中々使い勝手がよろしくなくてクローゼットで眠っておりました。上下作ってもまだ使い切れんかった……。

 

こういうお安い無地生地は大好きなんだけど、いざ何か作ろうと思うとリブに悩まされる。

オリジナルニットのお店で買えば同色の付属ニットが売ってるの当たり前だから悩まないんだろうけども(´;ω;`)ウッ…

 

そんなときのお助けが柄物の付属ニット。

今回はslowboatさんの「ハイジ」のスパンフライス、色は多分ミルフィーユかなと。
ちょっと記憶があいまい(-_-;)

 

ただ、柄もの付属も使い方難しくて、使い方を誤ると一気にパジャマ化してしまうんだよね。

今回はパジャマを作ってるのでパジャマ化は歓迎笑

パジャマらしいパジャマができて満足です。

 

しかも今回初めての試みをば。

衿回りのステッチ

個人的カバステでやってみたかったこと2位の衿周りのステッチ。

パジャマは毎日着るものだし、強化目的でやってみました。
市販のスウェットとかはこういうのしてあるよね。

ハンドメイドでも直線ミシンで押さえてる人とかもいるけど、うちの子たちは結構頭デカい系女子なので、直線ミシンでやってしまうと頭が入らなくなってしまう(;´・ω・)

ということでせっかくのカバステを活用してみました。

ちなみに多分カバステにピンクの糸がかかってなかったらやってなかった←

 

着画です。

肩落ちラウンドプルオーバーのパジャマの着画

なぜか撮影用の葉っぱを口にくわえている次女。

102㎝、16㎏の4歳児が上下110サイズを着用しています。

ゆったりと着れてパジャマにはいい感じです。

 

肩落ちラウンドプルオーバーのパジャマの着画

横から。

葉っぱはくわえたまま。笑

そういえば次女のあつもりのキャラもなんかバラくわえてたわ笑

 

肩落ちラウンドプルオーバーのパジャマの着画

後ろから。

 

そして今日早速着てくれたわけだけれども、寝る前の薬(慢性便秘の薬でジュースに溶かして飲む)を飲むときにめっちゃ汚してた笑

雪印コーヒー……(;´Д`)

無地で薄い色だから汚れめっちゃ目立つわ……

 

撃沈。

 

 

 

 

 

 
素敵なハンドメイドのブログへはこちらからどうぞ
↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です